特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

錦や栄、名古屋の繁華街には厳しい冬に 愛知県が休業・短縮営業を要請

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
忘年会シーズンが間近に迫る中、20日間の短縮営業や休業の要請が出された名古屋・錦三の繁華街=名古屋市中区で2020年11月26日午後5時47分、兵藤公治撮影
忘年会シーズンが間近に迫る中、20日間の短縮営業や休業の要請が出された名古屋・錦三の繁華街=名古屋市中区で2020年11月26日午後5時47分、兵藤公治撮影

 新型コロナウイルス感染の「第3波」で、愛知県は26日、3度目の休業・短縮営業を要請した。29日~12月18日の20日間、8月の前回と同じく名古屋市中区錦3、栄3の一部、栄4の各地区でバーや居酒屋などの飲食店が対象。県は政府の外食需要喚起策「GoToイート」でも、食事券の新規発行を一時停止すると発表。繁華街には厳しい冬になりそうだ。

 「現状は東京都や大阪府ほどではないが、厳しい状況が迫っている」。大村秀章知事は要請の理由を険しい表情で語った。県内では26日、感染者が新たに198人確認され、3日連続で100人を超えた。25日時点で入院中の感染者は366人、重症者は22人に上る。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文927文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集