メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「今後につながる良いスタート切れれば」 NHK杯アイスダンスに挑む高橋大輔

フィギュアスケートNHK杯の前日練習で滑るアイスダンスの村元哉中・高橋大輔組=東和薬品ラクタブドームで2020年11月26日(代表撮影)

 27日に開幕するフィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯で、アイスダンス転向後初の公式戦に挑む高橋大輔(関大KFSC)の26日の練習後の主なやりとりは次の通り。【構成・倉沢仁志】

 ――アイスダンスの選手として会場入りして、どんな気持ちだったか。

 ◆初めての公式練習だったので、ちょっと分からない部分もあって緊張感があった。でも、かなちゃん(村元)に引っ張ってもらって、後半は落ち着いて練習できた。

 ――どういうところにポイントを置いて練習したか。

 ◆これまでやってきたことの確認。リンクの氷やサイズ感、フェンスとか。きょうもフェンスがいままで練習していた形と違って、曲かけ練習で調整しないといけない部分もあった。そういう会場の雰囲気を感じながら練習していた。

 ――目標は。

 ◆今回は初めてなので、この披露でどんな得点をもらえたり、どういう評価をもらえたりするか分かってくる。そういった意味で今後につながる試合になってくる。楽しんで良いスタートが切れればなと。

 ――転向して大変だったり、しんどかったりしたところは。

 …

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです