メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元朝赤龍の高砂部屋継承を承認 初場所の観客上限を5300人に緩和

両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから

 日本相撲協会は26日、東京都内で理事会を開き、高砂部屋付きの錦島親方(元関脇・朝赤龍)が、12月に65歳の定年を迎える高砂親方(元大関・朝潮)と名跡を交換し、高砂部屋を継承することを承認した。また、千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)が、来年4月に再雇用制度の任期が終わる常盤山親方(元関脇・舛田山)と名…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです