慶大出身、入行8年目の四国銀行・山中 じゃんけんと本塁打で恩返し 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【富里市(ハナマウイ)-高知市(四国銀行)】三回裏高知市無死、山中が右越え本塁打を放つ=東京ドームで2020年11月26日、手塚耕一郎撮影
【富里市(ハナマウイ)-高知市(四国銀行)】三回裏高知市無死、山中が右越え本塁打を放つ=東京ドームで2020年11月26日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会第5日の26日、高知市・四国銀行(四国代表)は1回戦で初出場の富里市・ハナマウイ(南関東第3代表)に1―0で競り勝った。決勝打のソロ本塁打を放った指名打者の山中はマネジャー兼任。試合前、ある勝負に挑んでいた。

 三回、1打席目に続き、先頭で打順が回ってきた。1番打者として出塁することだけを頭に置き、2球目の直球を振り抜いた。打球は大きく伸びて右翼スタンドへ飛び込む殊勲打に。予選でも長打は無く、「たまたま。ホームランを打てるとは思わなかった」と喜んだ。

 実は試合前、…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文694文字)

あわせて読みたい