ドームで「アロハ旋風」ならず 介護現場で働くハナマウイ、1点重く 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【富里市(ハナマウイ)-高知市(四国銀行)】七回表富里市2死二塁、大友の左前打で田中勇が本塁を狙うがタッチアウト(捕手・南)=東京ドームで2020年11月26日午後3時34分、手塚耕一郎撮影
【富里市(ハナマウイ)-高知市(四国銀行)】七回表富里市2死二塁、大友の左前打で田中勇が本塁を狙うがタッチアウト(捕手・南)=東京ドームで2020年11月26日午後3時34分、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会は第5日の26日、1回戦3試合が行われ、富里市・ハナマウイは高知市・四国銀行に0―1で競り負け、初出場にして初勝利はならなかった。富里市打線は5安打に抑えられ、終盤の少ない好機も生かせなかった。

 初参戦初出場の快挙に注目が集まった富里市に、1点が最後まで重くのしかかった。「いいプレーを見せようと、打ちたいという欲が出た。みんなどこか、硬かった」。打線の主軸である林の言葉に…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文913文字)

あわせて読みたい