メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうなる?菅野のメジャー挑戦 本人は熟考段階、球団はポスティング容認へ

巨人の菅野智之投手=滝川大貴撮影

 プロ野球・巨人の菅野智之投手(31)の動向に注目が集まっている。将来的な米大リーグ挑戦に興味を示してきた右腕に対し、球団関係者は26日、本人が希望すれば今オフのポスティングシステムを利用しての移籍を容認する考えを明らかにした。一方で米球界も新型コロナウイルスの影響を受けており、菅野は慎重に検討して決断を下すとみられる。

 球団関係者によると、菅野は自分のパフォーマンスを発揮できる状況にあるのかなどを熟考している段階だという。ポスティングシステムの申請期限は12月12日。球団では近く話し合いの場を持ち、互いの意思を確認する。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです