メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4戦全敗で敗退の巨人 主砲・岡本、フルスイング封じられた初戦の「1球」

【ソフトバンク-巨人】一回表巨人1死二塁、岡本が空振り三振に倒れる(捕手・甲斐)=徳野仁子撮影

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2020」はソフトバンクが4年連続11回目(前身の南海、ダイエー時代を含む)の優勝を果たした。巨人は史上初めて2年連続の4戦全敗で敗退し、8年ぶり23回目の頂点に立つことはできなかった。

 4番対エース。勝負は一瞬だった。今シリーズ第1戦で、巨人の岡本は一回の1打席目にソフトバンク・千賀の154キロの内角直球に手を出した。鈍い音とともにバットが根元からへし折れ、力なく上がった打球は捕邪飛となった。

 岡本はこの「1球」によって、ずっと苦しむことになる。相手投手陣の、内角を意識させながら外角へも幅広く揺さぶりをかけてくる投球術に対して完全に受け身になってしまい、本来の力強い打撃を見失った。甘い球を見逃し、ボール球にバットが回る。最後まで自分の打撃を取り戻すことができず、シリーズ通算打率はまさかの7分7厘。今季、セ・リーグの本塁打王と打点王の2冠に輝いた24歳の若き主砲は「力が足りず、この結果が…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 時津風親方、初場所中にマージャン店へ 2度目の違反 厳罰の可能性

  4. 豚熱発生の養豚場290頭の殺処分決定 野生動物から感染の可能性 和歌山

  5. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです