メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラドーナさん、波乱最後まで ファンと警官隊衝突→弔問打ち切り

大統領府を警備する警官隊ともみ合うファン=アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで26日、AP

 25日に死去したサッカーの元アルゼンチン代表、ディエゴ・マラドーナさん(60)の一般弔問が26日、首都ブエノスアイレスの大統領府で始まり、数千人のファンが追悼した。弔問は28日までの予定だったが、最後の別れを告げる時間が短いことなどに不満を募らせたファンと、大統領府を警備する警官隊が衝突し、打ち切られた。遺体はこの日のうちに埋葬され、波瀾(はらん)万丈の生涯を象徴するような最後となった。

 マラドーナさんのひつぎは国葬並みの扱いで大統領府に安置され、国旗と現役時代に着けた背番号「10」のユニホームにくるまれた。遺族が「最後の別れ」を告げた後、一般のファンが弔問し、涙を流す人も多かった。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです