メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

デビュー45周年、バイオリニスト・千住真理子さん 名器が奏でる「光」追い

「新たな恋なんて。デュランティを弾き続けられたら、それだけで幸せ」と語る千住真理子さん=東京都渋谷区で2020年10月19日、吉田航太撮影

 今年でデビュー45周年を迎えたバイオリニスト、千住真理子さん(58)は、新型コロナウイルスの感染拡大でコンサートの予定が5カ月間なくなり、一時は絶望や恐怖に見舞われたという。自粛期間中、音楽とは何かと自問し続けた千住さんが苦悩の果てに至った境地とは。

 秋雨の夕刻だった。室内にも窓外のけだるさが流れ込んでいたが、千住さんがバイオリンを構えると、そこだけがステージのようにパッと華やいだ。バイオリンを凝視していると、申し訳なさそうに一言。「このバイオリンは『例のバイオリン』ではないの。(持ち運びは)湿度の管理なんかが大変で」

 「例のバイオリン」とは2002年夏、千住さんが「運命的に出会った」と話すストラディバリウス「デュランティ」。目利きの楽器ディーラーがかけてきた一本の電話から、すべてが始まった。「すごいストラディバリウスがある」と誘われ、横浜市のホールで対面した衝撃を、千住さんは鮮明に覚えている。1716年製、ストラディバリ最高傑作の一つとされる名器。時価数億円。「資産もアテもないし、ちょっと弾いたらすぐ返すつも…

この記事は有料記事です。

残り2172文字(全文2635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです