メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・特選掘り出し!

バクラウ 地図から消された村 不条理な惨劇、秘密の歴史

映画「バクラウ 地図から消された村」の一場面

 今年意外なヒットを飛ばした洋画の異色作といえば「ミッドサマー」が思い出されるが、このブラジル発の怪作にもびっくり仰天。しかも底知れない奥深さを感じさせ、2019年のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した。

 片田舎の村バクラウで最長老の女性が息を引き取る。それをきっかけに給水車が何者かに銃撃され、インターネット上の地図から村が消失。さらに住民の惨殺、謎のバイカーの出現が相次ぐ。誰が何のために村を脅かしているのか?

 正体不明の外敵と村人たちの闘争が勃発するストーリー展開や状況設定は西部劇風。ところが未確認飛行物体が出没するなど、序盤から不条理なムードが匂い立つ映像世界は予測不能で、特定のジャンルには到底収まらない。その先は見てのお楽しみだが、あっけにとられるようなユーモア、壮絶なバイオレンスが炸裂(さくれつ)するこの映画、腐敗した権力への痛烈な風刺なども盛り込まれ、ひと筋縄ではいかない。そしてバクラウに隠さ…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです