メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

佐々木、イン、マイマイン 引きずる過去に別れを

映画「佐々木、イン、マイマイン」の一場面

 高校に一人はいたのではないか。成績優秀ではないにしても、超個性的な目立ちたがり屋。いろんな場面の思い出に焼き付いていて、時々あいつどうしてるかなと、ふと思う。これはそんな「高校のヒーロー」佐々木をめぐる、青春の締めくくり映画である。

 20代後半の悠二(藤原季節)は役者として芽が出ず、元恋人ともずるずると同居を続け、パッとしない日々を送る。高校の同級生多田(遊屋慎太郎)と再会し、佐々木(細川岳)のことを思い出す。佐々木は教室で全裸になって踊り、周囲を沸かせるお調子者。悠二と多田、木村(森優作)を合わせた4人はいつも一緒に過ごしていた。

 映画は現在と高校時代を、悠二の視点で行き来する。佐々木のハチャメチャぶり、たまり場の佐々木の家でダラダラと過ごす4人の、無駄な熱気と弛緩(しかん)した時間。未来への根拠のない希望とエネルギーに満ちた10代の日々を活写する。対比される現在の悠二は、全てにふがいない。自分の本音を見ないふり、流されるばかり。多田と再会後、役者仲間に誘われて、テネシー・ウィリアムズの「ロング・グッドバイ」の舞台を演じる…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです