メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 雇調金延長表明 厚労相

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて拡充した雇用調整助成金の特例措置について、田村憲久厚生労働相は27日の記者会見で、拡充した水準のまま来年2月末まで延長すると表明した。これまでは12月末が期限だった。国内の感染状況が再び悪化し、さらなる雇用情勢の悪化を避けるため手厚い支援を続ける必要があると判断した。

 また来年3月以降は休業者や失業者が急増しない限りは、特例措置を段階的に縮小していく方針を明らかにした。田村氏は「今回は足元の雇用情勢が急激に悪化したわけではない」とした上で、感染者急増を延長理由に挙げた。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです