特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナウイルスの侵入、たんぱく質が促進 結合阻害で新薬の可能性 英大など研究チーム発見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ヒトの細胞表面で新型コロナウイルスと結合し、ウイルスが細胞内に取り込まれるのを促進するたんぱく質を見つけたと、山内洋平・英ブリストル大准教授(名古屋大招へい准教授)らの国際研究チームが米科学誌サイエンスで発表した。このたんぱく質とウイルスの結合を阻害する薬が実用化すれば、新しい治療薬になる可能性があるという。

 新型コロナは、ウイルス表面にあるとげ状の「スパイクたんぱく質」が、ヒトの細胞表面のたんぱく質「アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)」に結合して細胞内に侵入することが既に知られている。チームは、細胞表面の別のたんぱく質「ニューロピリン1(NRP1)」に着目。ヒト由来の培養細胞を使った実験で、新型コロナのスパイクたんぱく質はNRP1とも結合することが分かった。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文757文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集