メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナウイルスの侵入、たんぱく質が促進 結合阻害で新薬の可能性 英大など研究チーム発見

 ヒトの細胞表面で新型コロナウイルスと結合し、ウイルスが細胞内に取り込まれるのを促進するたんぱく質を見つけたと、山内洋平・英ブリストル大准教授(名古屋大招へい准教授)らの国際研究チームが米科学誌サイエンスで発表した。このたんぱく質とウイルスの結合を阻害する薬が実用化すれば、新しい治療薬になる可能性があるという。

 新型コロナは、ウイルス表面にあるとげ状の「スパイクたんぱく質」が、ヒトの細胞表面のたんぱく質「アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)」に結合して細胞内に侵入することが既に知られている。チームは、細胞表面の別のたんぱく質「ニューロピリン1(NRP1)」に着目。ヒト由来の培養細胞を使った実験で、新型コロナのスパイクたんぱく質はNRP1とも結合することが分かった。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです