連載

ミックスゾーン

記者が競技後の選手に取材する「ミックスゾーン」から選手や監督の肉声を伝えます。

連載一覧

ミックスゾーン

ラグビーTL NTTドコモ 大物続々、強化に注力

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ラグビー・トップリーグのNTTドコモに加入した南アフリカ代表のWTBマカゾレ・マピンピ=大阪市内で2020年11月12日午後6時35分、長宗拓弥撮影
ラグビー・トップリーグのNTTドコモに加入した南アフリカ代表のWTBマカゾレ・マピンピ=大阪市内で2020年11月12日午後6時35分、長宗拓弥撮影

 世界屈指のスピードスターが、ピッチ上で大声を響かせた。ラグビー・トップリーグ(TL)のNTTドコモに新加入した南アフリカ代表のWTBマカゾレ・マピンピだ。チームに合流して早々、14日に清水建設との練習試合に出場。「俺にボールをくれ」と言わんばかりに叫びながら、ピッチを走り回った。

 2019年のワールドカップ(W杯)日本大会で母国を優勝に導いた。181センチ、90キロの体格から圧倒的なスピードで防御のすきを突き、W杯では日本戦の2本を含め、計6トライを挙げた。

 新天地デビューとなったこの日は、3月以来の実戦だったという。自陣でのプレーが長く、快足を披露するチャンスはなかったが「WTBは声が大事。声は僕の強み」とにやり。「欲しいタイミングでボールが来なかった。どんどん合わせていきたい」と仲間と積極的にコミュニケーションを取り、連係を深めていくことを誓った。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文608文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集