メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災10年へ

福島と歩む なすびさん的支援生活(その2止) 福島支援、「自分も成長」 地味でも地道に一生かけて

 <1面から続く>

 その後、都内や近郊である福島、東北の農産品の即売イベントを飛び込みで訪ねては「福島出身のなすびです。もし、お手伝いで何かすることがあれば使ってください」と願い出た。「俺がいくら声をかけてもダメだけど、人が集まってくるもんだね」と喜んでくれる出展者もいた。一方、原発事故の風評被害が広がり、会場のブースを通りかかる人からは「放射能まみれのものを売って責任を取れるのか」との暴言も浴びた。被害の深刻さを痛感し「長いスパンで乗り越えないといけない。地味でも地道に一生かけて支援していこう」と心に決めた。

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 「ラブライブ!」Tシャツを無断販売の疑い 35歳無職を書類送検 神奈川県警

  4. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです