メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県東西の高校生交流 「復興教育スクール」 宮古で缶詰作り /岩手

缶詰作りに取り組む県立西和賀高と宮古水産高の生徒たち=岩手県宮古市磯鶏の宮古水産高で

 県の東西両端に位置する宮古水産、西和賀の両高校の生徒会メンバーがお互いを訪ね合い、防災や地方創生について学ぶ「いわての復興教育スクール」が26日までの2日間、宮古市であった。

 20年続く交流事業の一環。今年は生徒らの発案で、宮古市沖で取れるサバのみそ煮に、西和賀町特産の水煮のワラビを加えて仕込む缶詰作りを体験した。

 参加した両校の生徒計18人は「さばらび~幻の缶詰」「山と海の幸~サバとワラビを合わせてみました」などネーミングも考えた。西和賀高2年の生徒会副会長、山崎虹誠(こうせい)さんは「海洋実習船でのイカ漁も体験した。自然に育まれた食材が、多くの人手を経て食卓に上ることが分かった」と充実した表情だった。

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです