会津鉄道脱線 枕木老朽化が原因か 運輸安全委報告書 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 運輸安全委員会は26日、会津鉄道会津線で昨年12月に起きた脱線事故の調査報告書を公表した。線路の枕木が老朽化していたのに整備せず、枕木とレールを固定する特殊な金具「犬くぎ」が緩み、列車の車輪で線路が広げられて脱線した可能性が高いとしている。

 報告書によると、事故現場の枕木は割れたり腐食したりしてい…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集