メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・アートを歩く

芸術さんぽ museum as it is(千葉県長南町) 自然と人、ものが調和 /東京

山の上にある小さな美術館「museum as it is」=千葉県長南町岩撫で

 房総半島の中央部、千葉県長南町にある野見金山という小高い山の頂上近くにある。看板も控えめで、狭い道の奥にあるのでまるで隠れ家のよう。

 オーナーは世界各地の日用工芸品、美術品を収集し、東京・目白で古道具店(現在は休業中)を営んできた坂田和美さん。「自然と人、ものが調和した美術館を」。そう考えていたところ、町が文化・芸術振興のために無償で貸してくれる土地があり、1994年にオープンした。

 名前は「あるがままに」(as it is)。これまでに世界中の古い日用品や工芸品など素朴で日常的な品のほか、他の収集家のコレクションなどを展示してきた。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 「ラブライブ!」Tシャツを無断販売の疑い 35歳無職を書類送検 神奈川県警

  4. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです