メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える教わる

/3 鉛筆と毛筆で同じ文字書写 読みやすさ、自分で発見 /神奈川

文字の配列に気をつけながら書く=横浜市立今宿小学校で(青山浩之さん提供)

 子どもたちの机には整然と書写用具が並べられている。小学5年生ともなると中には年季の入った毛筆もあり、なかなか頼もしい。

 学校が少しずつ落ち着きを取り戻してきた10月27日、横浜市旭区の丘陵地にある市立今宿小学校5年3組の教室を訪ねた。担任の二瓶和馬教諭から毛筆書写の授業と聞いていたが、最初に子どもたちは鉛筆を使って「読む」と書いた。

 ごんべんとつくりの「売」の大きさがちぐはぐで形が整わなかったり、「読」が大きすぎて「む」とのバランスが崩れていたりして、ほほえましい。子どもたちが普段書く文字の課題が見て取れる。二瓶教諭があえて鉛筆から始めたねらいはそこにあった。

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 維新、衆院「沖縄北方」など特別委の整理要求 無駄削減で改革姿勢アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです