全国高校駅伝 来月20日号砲 「10位台を目指す」 敦賀気比、市に県大会V報告 /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
県高校駅伝競走大会での優勝を報告し全国大会に向けた抱負を述べた田中悠登主将(中央)と米沢豪監督(左)=敦賀市役所で2020年11月26日午後4時10分、大島秀利撮影 拡大
県高校駅伝競走大会での優勝を報告し全国大会に向けた抱負を述べた田中悠登主将(中央)と米沢豪監督(左)=敦賀市役所で2020年11月26日午後4時10分、大島秀利撮影

 県高校駅伝競走大会で2年連続2回目の優勝を果たした敦賀気比の田中悠登主将(3年)らが26日、敦賀市役所を訪れて優勝を報告し、市から激励費が贈呈された。12月20日に京都市で開催の男子第71回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に出場する。

 米沢豪監督(34)は「1区で主将の田中が35秒差をつけ完勝しました。全国大会では10位台を目指し、レベルを上げたトレーニングを続けています」などと中山和範副市長らに報告。田中主将は「かなり自信があります」と話した後、緊張感について尋ねられると「そのプレッシャーを楽しんでいきたい」と答えていた。【大島秀利】

あわせて読みたい

注目の特集