メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

メキシコで1986年6月22日に行われたサッカー・ワールドカップ準々決勝は…

[PR]

 メキシコで1986年6月22日に行われたサッカー・ワールドカップ準々決勝は開始前から他と違う「特別な試合」だった。4年前のフォークランド紛争で戦ったイングランドとアルゼンチンの対戦だからだ▲試合後もこのゲームは半ば伝説化する「特別な試合」となった。アルゼンチンのマラドーナ選手が11万5000人の観衆を前にやってのけた「神の手」ゴールと、「5人抜きドリブル」によるゴールという二つの離れ業のためである▲「手で触れたが、神のおぼしめしにより許された」とは誤審によるゴールを「神の手」の御業(みわざ)とした当人の釈明である。「5人抜き」はその3分後の2点目で、アルゼンチンはこの数分間で歴史的対戦を制してW杯優勝に道を開いた▲もしも怪しい「神の手」ゴールと、みごとな「5人抜き」ゴールが別々の試合で行われていれば、こうまでマラドーナ氏の人気は沸騰しなかったろう。神様はその愛する選手に、誰にもまねできぬ特別の数分間を与えたのに違いない▲だが超絶妙技とちょい悪プレーという光と影の交錯が生んだスーパースターは、やがて実生活で広がった影にのみ込まれる。薬物やアルコールへの依存が心身の健康をむしばんだ。しかしファンはその衰えない毒舌までも愛し続けた▲「天国にもサッカーがあって、プレーできたらうれしい。ただペレにはいてほしくないね」。ライバルのペレ氏へのあてこすりはその十八番だが、60歳という年齢で召されたのは神様にも愛され過ぎたのか。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです