メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

なまる名優と祖国=小倉孝保

 <kin-gon>

 奇妙なランキング調査は少なくない。これもその一つ。なまりの下手な映画俳優ランキング。英映画専門誌の調査(2003年)で堂々1位となったのは、「アンタッチャブル」でアイルランド警官を演じたショーン・コネリーさんだった。

 彼の英語にはスコットランドなまりが残り、アイルランドなまりに聞こえないと評された。彼のなまりは世に聞こえ、映画「007」シリーズで初代ジェームズ・ボンド役に起用されたとき、作家が「ボンドの片親はスコットランド生まれ」と設定し直したほどだ。

 3代目ボンド役のロジャー・ムーアさんは初代について、「いい俳優だが、何をしゃべっているのかわからないのが残念」とネタにしている。「あらゆる人種をスコットランドなまりで演じられる俳優」との不思議な「評価」もある。ただ、「007」に詳しい英国人で文学研究家のダミアン・フラナガンさんによると、理解できないほどではないらしい。なまりネタは誇張されているようだ。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔の新番組『1億3000万人のSHOWチャンネル』初回13%からスタート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです