メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

少人数学級の導入

 

 新型コロナウイルスの感染拡大を機に、小中学校で少人数学級の導入を求める機運が高まっている。文部科学省は学級規模を定めた義務標準法の改正を視野に来年度予算で経費を要求した。だが、財務省は教育効果を疑問視し、予算編成を巡り年末まで攻防が予想される。少人数学級の是非や適正規模について校長や識者に聞いた。

コロナ対応で実践、質向上 喜名朝博・全国連合小学校長会会長

 いじめや不登校などさまざまな課題を抱える教育現場では子ども一人一人に合ったきめ細かな指導が求められている。法改正で恒久的な少人数学級にすれば、教育の質向上につながっていくと思う。

この記事は有料記事です。

残り4239文字(全文4508文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. ガチャピン、ムックが「目指せ消防士」 東京消防庁が動画作成、防災を啓発

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです