メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王氏尖閣発言 「看過」茂木氏に批判 自民会合「その場で反論を」

 自民党の外交部会・外交調査会の26日の会合で、24日の日中外相による共同記者発表で中国の王毅国務委員兼外相が沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張した際に、茂木敏充外相がその場で反論すべきだったとの声が相次いだ。政府が日本の立場についての発信を強化するよう近く決議し、申し入れることを決めた。

 記者発表は、会談後に合意内容を説明するために開かれ、茂木氏は尖閣に関し「日本の立場を説明し、中国側の前向きな行動を強く求める」と述べた。その後に発言した王氏が「茂木大臣も言及された」と前置きした上で、「真相が分かっていない日本の漁船が釣魚島(尖…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです