メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

若手キャリアの退職増当然=翻訳業・萩原重夫・69

 (東京都品川区)

 河野太郎国家公務員制度担当相は先日、ブログで昨年度に自己都合で退職した霞が関の20代キャリア官僚が87人と6年前の4倍以上に増えたことを明らかにした。内閣人事局のアンケートでは、30歳未満の国家公務員で辞めたいと考えている人の理由に「もっと自己成長できる魅力的な仕事につきたい」「長時間労働で仕事…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです