メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

目黒区「裏会議」問題から 自治体の希薄な公文書意識=木許はるみ(統合デジタル取材センター)

目黒区議会が入る目黒区総合庁舎=同区で2020年10月27日、木許はるみ撮影

 その取材は驚きの連続だった。そして、最後には自治体での公文書管理は十分なのかという疑問に行き着いた。

 もともと地方自治に関心のあった私は、東京都目黒区議会に住民が傍聴できず議事録もない「議会運営事項検討会」という会議があることを白川愛区議(無所属)のブログで知り、「今どき、東京でそんなことがあるのか」と、9月に取材を始めた。

この記事は有料記事です。

残り1696文字(全文1860文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです