メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト・トランプの風景

米国と世界 経済連携、中国が加速 対日韓・欧州 バイデン氏に対抗

会談前に握手を交わす韓国の文在寅大統領(右)と中国の王毅外相=ソウルで26日、聯合AP

 中国が「ポスト・トランプ」を見据えた外交活動を活発化している。習近平国家主席は24日、ドイツのメルケル首相と電話協議した。王毅国務委員兼外相も24~27日に日韓を訪問し、各国に新型コロナウイルス対策や経済連携で秋波を送る。バイデン次期米大統領が同盟国との関係を再構築するとの見方が強まる中、各国の出方を見極めると共に、米の政権移行期に可能な限り有利な立場を確保する狙いがありそうだ。

 バイデン氏は既に英独仏など欧州各国や日韓の首脳と電話協議をして外交活動をスタートしている。その動きに重ねるように、王氏は今月半ばから、ロシアやフランス、アイルランド、欧州連合(EU)などの外相と電話協議し、習氏は24日、EU議長国であるドイツのメルケル氏との対話に臨んだ。

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです