メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英、債務残高105% GDP比 コロナで財政出動

 英予算責任局は25日、新型コロナウイルス対策のための財政出動が重しとなり、政府債務残高の対国内総生産(GDP)比が1960年以来60年ぶりに105%になる見通しだと発表した。米国も約70年ぶりに100%を上回る見通しになるなど、各国は財政規律をいったん脇に置いて、経済対策に追われている。

 同局によると、感染拡大によるロックダウン(都市封鎖)に見舞われた英国の2020年のGDPは前年比マイナス11・3%となる見通しで「1709年以来、約300年ぶりのマイナス幅となる」とした。

 英政府は今年度、雇用対策や減税などコロナ対策に2800億ポンド(約38兆円)を投じ、財政赤字は3940億ポンドとなる見込みだ。財政赤字はGDPの19%に相当し、第二次世界大戦中の44年以来の高水準となる。財政赤字が19年度(約560億ポンド)の7倍に膨らむ結果、債務残高がGDPを上回る見通しとなった。スナク財務相は同日、「緊急事態はまだ終わっていない。そして経済の緊急事態は始まったばかりだ」とし…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです