メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

毎日新聞キャンペーン報道「にほんでいきる」に新聞協会賞

 <にほんでいきる 外国からきた子どもたち>

 2020年度の新聞協会賞の授賞式が、26日に神戸市で開かれた第73回新聞大会(日本新聞協会主催)であり、毎日新聞東京本社の「『にほんでいきる』 外国籍の子どもたちの学ぶ権利を問うキャンペーン報道」に同賞(企画部門)が贈られた。日本語が理解できない子どもに突きつけられる現実と報道の意義について、幼くしてミャンマーから来日した俳優の森崎ウィンさん(30)と、外国人の就学問題を研究する東京外国語大の小島祥美(よしみ)准教授(47)に聞いた。【聞き手・奥山はるな】

この記事は有料記事です。

残り5253文字(全文5506文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです