メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦A級順位戦 佐藤天彦九段-稲葉陽八段 第18局の2

角の移動が好着想

 図の[後]5四角は、どちらかの歩をかすめ取ろうという手。佐藤は「両取り、逃げるべからず」で[先]4六歩と突く。[後]3六角[先]4七銀[後]5四角の進行は、将来[先]4五桂~[先]3三歩が生じる。稲葉は[後]7六角と反対側の歩を取った。

 先手は持ち角、後手は歩得と8筋の拠点がそれぞれの主張。「じっくりとした展開になると思っていた」という佐藤の推測通り、盤上は横歩取りのオープニングとは思えない力将棋になった。

 互いに手探り模様の駒運びの中、角を半回転させて[後]7四角と移動したのが稲葉の好着想。間接的に先手の飛車に照準を定め、[後]4七角成[先]同金[後]3八銀の強襲を狙っている。佐藤は[先]2八飛とかわしたが、一手パスの感は否めない。局後「飛車を浮かされたのが痛かったか?」(佐藤)と、問うように振り返ったのが印象的だった。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです