メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

織田作之助賞5候補 温さん・武田さんら作品

 新鋭・気鋭の作家に贈られる第37回織田作之助賞の最終候補作が26日、決まった。選考会は12月9日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で行われる。

 候補作は、温又柔(おんゆうじゅう)さん「魯肉飯(ロバプン)のさえずり」(中央公論新社)▽武田綾乃さん「愛されなくても別に」(講談社)▽藤野可織さん「ピエタとト…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. DVから逃れたのに元夫が突然現れ…原因は「役所のミス」 被害女性の怒り

  5. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです