メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

千正康裕さん=官僚の働き方改革に取り組む元厚労官僚

千正康裕(せんしょう・やすひろ)さん(45)

 「霞が関の働き方は限界。今変えないと大勢の官僚が離職し、ひいては国民の期待に応えられなくなる」。中央省庁が集まる霞が関のビルは連日、深夜まで明かりがともる。国会対応で、そのまま寝泊まりする職員も多い。働き方改革を推進する厚生労働省の官僚だっただけに危機感は人一倍だ。

 社会的弱者ら、多くの人の生活基盤を支える仕事がしたいと厚労官僚の道を志した。18年半の官僚人生では、社会保障や労働などの制度改正に携わり、国民の生活をよくする仕事をしてきた自負はある。「やりがいのある仕事ばかりで同僚にも恵まれた」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです