メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 日本シリーズ ソフトバンクV4 工藤采配、継投光る

4年連続日本一となり喜ぶソフトバンクの選手たち=徳野仁子撮影

 プロ野球の「SMBC日本シリーズ2020」は25日、ソフトバンクが4年連続11回目(前身の南海、ダイエー時代を含む)の日本一に輝いて幕を閉じた。史上初めて2年連続無傷の4連勝で制し、1965~73年に9連覇した「V9」時代の巨人以来2球団目の4連覇を達成した。パ・リーグ球団のシリーズ制覇は8年連続で優勝回数は36回となり、35回のセ・リーグを上回った。

 一方の巨人は2年続けて同じ相手に4連敗で屈し、日本シリーズワーストタイとなる2回目の9連敗を喫した。今年は「特例」により全試合で指名打者(DH)制が採用され、セのチームはシリーズのDH制試合で21連敗。両者の明暗はくっきりと分かれた。

この記事は有料記事です。

残り1613文字(全文1909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです