メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

ディエゴ・マラドーナさん 60歳=サッカー元アルゼンチン代表選手

1986年サッカーW杯メキシコ大会準々決勝のイングランド戦で「神の手ゴール」を決めるアルゼンチンのマラドーナ(中央)=メキシコ市で、Bob Thomas Sports Photography提供・ゲッティ共同

「神の手」「5人抜き」

 サッカー界のスーパースター、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナさんが25日、ブエノスアイレス近郊の自宅で死去した。60歳だった。地元メディアによると、死因は心不全。左頭部の硬膜下血腫で11月3日に手術を受け、自宅で静養していた。同国政府は3日間の喪に服すると宣言。「神の子」と呼ばれ、選手として名声を手にした一方、喜怒哀楽を隠さない性格や奔放な発言でも注目され、薬物やアルコールにもおぼれた波乱の人生が幕を閉じた。

 貧しい家庭に生まれ、16歳でアルゼンチン代表入り。強じんな肉体と左足の技術の高さ、優れた得点力を備え、ワールドカップ(W杯)には1982年から4大会連続で出場した。25歳で臨んだ86年メキシコ大会は、準々決勝のイングランド戦でヘディングに見せかけて手で触ってボールを入れた「神の手ゴール」に続き、60メートルのドリブルで決めた「5人抜きゴール」という伝説的なプレーを残す。チームを優勝に導き、「マラ…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです