メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 次期衆院選で、連続で比例復活した議員の重複立候補は原則認めないとする菅義偉首相(自民党総裁)の方針に、自民党内が戦々恐々となっている。衆院議員の残り任期が1年を切る中、党内の引き締めを図る狙いとみられるが、首相が身内にも持論の「自助」を求めたことに波紋が広がっている。

 「参院議員の選挙区で戦っている人間には比例復活はない。負けたら落選。衆院でも緊張感を持って選挙に臨むのは良いことではないか」。自民党の世耕弘成参院幹事長は13日の記者会見でそう述べたが、当事者となる衆院側は「簡単な話ではない」(ベテラン)と動揺を隠せない。

 発端は8日、東京都内のホテルで開かれた首相と山口泰明選対委員長との会談だった。関係者によると…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1108文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです