メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 次期衆院選で、連続で比例復活した議員の重複立候補は原則認めないとする菅義偉首相(自民党総裁)の方針に、自民党内が戦々恐々となっている。衆院議員の残り任期が1年を切る中、党内の引き締めを図る狙いとみられるが、首相が身内にも持論の「自助」を求めたことに波紋が広がっている。

 「参院議員の選挙区で戦っている人間には比例復活はない。負けたら落選。衆院でも緊張感を持って選挙に臨むのは良いことではないか」。自民党の世耕弘成参院幹事長は13日の記者会見でそう述べたが、当事者となる衆院側は「簡単な話ではない」(ベテラン)と動揺を隠せない。

 発端は8日、東京都内のホテルで開かれた首相と山口泰明選対委員長との会談だった。関係者によると…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1108文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英国のコロナ変異株「死亡率高い可能性」 ジョンソン首相が発表

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです