メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「何の意味もない」 武田総務相、携帯大手の値下げ策批判

閣議後記者会見で携帯大手の対応を批判する武田良太総務相=総務省で2020年11月27日午前10時31分、松倉佑輔撮影

 菅義偉政権の看板政策の一つである携帯電話料金の値下げを巡り、武田良太総務相は27日、携帯大手各社が、メイン(主力)ブランドから傘下の格安なサブブランドへの乗り換えを妨げていると批判した。消費者庁と連携し指導する方針も表明。値下げ圧力を緩める気配はなく、各社は新たな対応を迫られそうだ。

 「高いブランドに囲い込みをするスキーム(枠組み)を堅持しているのが現状。ユーザーが料金が下がったという実感がわかない。何の意味もない」。武田氏は同日の閣議後記者会見で、強い口調で批判した。

 携帯料金を巡っては、総務省が10月27日、値下げを促すアクションプラン(行動計画)を公表。翌日、KDDI(au)とソフトバンクは、サブブランドの新たな料金プランを発表した。ただ、メインブランドの値下げに踏み込まなかったことや、高額な大容量のデータ通信における新プランだったことから、利用者や専門家からは「家計の負担減につながらない」との声も出た。こうした指摘もあり、当初、サブブランドの値下げを評価…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. ORICON NEWS 『BLEACH』作者・久保帯人氏の初公式ファンクラブがオープン イラストや作画資料など公開

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです