メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞のエチオピア首相、国内政敵と対立激化 武力鎮圧の構え

ノーベル平和賞受賞後に笑顔を見せるエチオピアのアビー首相=2019年12月10日、AP

 昨年、隣国エリトリアとの和平実現でノーベル平和賞を受賞したエチオピアのアビー首相が、国内の政敵と激しい武力紛争を繰り広げている。多数の死傷者が出ているとみられるが和平協議には応じず、武力で鎮圧する構えだ。昨年の授賞式で平和の大切さを訴えたばかりのアビー氏に何が起きているのか。

ティグレ人民解放戦線に「最後通告」

 「72時間以内に平和的に降伏しなさい。あなた方は取り返しのつかない場所にいる。これが最後の機会だ」。アビー氏は22日、敵対するティグレ州のティグレ人民解放戦線(TPLF)に対して最後通告を突きつけた。26日にはこれに従わなかったとして、州都メケレへの総攻撃を開始すると発表。多数の民間人が巻き添えで犠牲になる懸念が高まっている。

この記事は有料記事です。

残り1970文字(全文2291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです