メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本田賢也慶応大教授にユネスコ賞 腸内細菌を研究

 国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部・パリ)は26日、微生物学分野での功績をたたえる「カルロス・フィンレイ賞」の2020年の受賞者に、腸内細菌の研究で知られる慶応大医学部の本田賢也教授を選んだと発表した。

 多数ある腸内細菌のうち一定の免疫反応を起こす種類の特定を可能にする研究技術の開発が評価された…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 大阪で629人が新たに感染 過去3番目の多さ 新型コロナ

  5. 感染拡大「行政の責任が重い」40% ワクチン「期待」72% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです