「コロナ突き飛ばして」 干支にちなみ牛の大絵馬 奈良・大神神社

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
画家の柴田貴子さん(右)が奉納した大絵馬=奈良県桜井市の大神神社で2020年11月26日午前10時38分、廣瀬晃子撮影
画家の柴田貴子さん(右)が奉納した大絵馬=奈良県桜井市の大神神社で2020年11月26日午前10時38分、廣瀬晃子撮影

 奈良県桜井市三輪の大神(おおみわ)神社に26日、来年の干支(えと)の「丑(うし)」にちなんで牛を描いた扇形の大絵馬(高さ約1.5メートル、幅約4メートル)が奉納された。12月12日~2021年1月31日に拝殿に掲げられ、参拝者らを出迎える。

 描いたのは、田原本町の画家、柴田貴子さん(75)。奉納す…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

あわせて読みたい

注目の特集