メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

男が書き残した氏名や住所。母印も押されたが、いずれも架空のものだった=男性店主提供(画像の一部を修正しています)

 開園37年になる東京ディズニーランド(千葉県浦安市、TDL)の人気を悪用し、個人経営の居酒屋を訪れ、架空の豪華招待ツアーを持ちかけて現金をだまし取る詐欺事件が今夏以降、神戸市内で相次いだ。容疑者の男は10月に県警に逮捕されたものの、被害に遭った男性店主(43)は「今思えば、おかしい点はたくさんあったが、トントン拍子で話が進み、だまされたことに気づけなかった」と悔やむ。運営会社の社員を名乗り、店主を翻弄(ほんろう)した手口とは--。【春増翔太】

突然現れた「人事課長」

 神戸市中央区のJR元町駅近くの和風居酒屋に男が訪れたのは10月22日、閉店時間が迫る午後11時半ごろだった。

 セーター姿の男は息を切らしながら来店し「10月30日に6人で予約をしたい」と口を開いた。アルバイトの女子大学生(24)が水を出し、店主が予約内容を確認すると、男は「実は自分はディズニーランドを運営する会社の人事課長で、仕事の会食に使いたい」と説明。「山口」と名乗った。携帯電話の番号も伝えたという。

 店主はTDLに行ったことはない。ただ、アルバイトの女性はTDLの大ファン。営業を終えていたが、店主は仕事終わりに自分が飲む瓶ビールを男にもつぎ、3人で話し込み始めた。真偽不明なアトラクションの裏話やディズニー作品の物語……。よどみなく語る男は「役員クラスしか持っていない非売品」と言いながら、ディズニーのキャラクターのキーホルダーを見せた。

 男は店や店主のことも褒めそやした。「すてきな店に出会えた」「いい大将だ」。女性にも「あなたみたいな子を採用したいが、なかなかいない。良かったら、うちに就職しないか」と持ち上げた。

「新幹線、ホテルつきで1万5000円」

 話が盛り上がった頃、「『夢の国』には、知られていない本当に夢のような特別ツアーがある」と切り出した。

 「弊社が全面的に招待する。往復の新幹線とセットで併設ホテルの特別室に宿泊してもらい、限定品の土産がつく」「総理大臣でも入れないシンデレラ城の最上階に行ける」「どのアトラクションにも一切並ぶ必要がない」「それがいくらだと思います? 1人1万5000円です」

 耳を疑った店主らに、男は何度も「限られた役員クラスしか扱えない話」と繰り返した。そして「今日は本当に良い出会いを頂いた。良かったら、そのツアーを手配するが」と持ちかけた。

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文2185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです