名大がネイチャー掲載論文を撤回 実験データに誤り 炭素素材の合成

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
名古屋大学=名古屋市千種区で、細川貴代撮影
名古屋大学=名古屋市千種区で、細川貴代撮影

 英科学誌ネイチャーは25日付電子版で、名古屋大トランスフォーマティブ生命分子研究所の伊丹健一郎教授(合成化学)らによる論文を、同研究所が撤回したと発表した。実験データの一部に誤りがあった。名大は調査委員会を設置し、不正の有無や経緯、原因などを調べている。

 次世代半導体やセンサーとして期待されるシー…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集