メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#生きるのがつらいあなたへ

「必ず会おうね」と約束を 「うつ病九段」先崎学棋士のアドバイス

先崎学棋士(日本将棋連盟提供)

 うつ病になって将棋を指せなくなり、約半年間の棋戦休場を余儀なくされた経験があるプロ棋士の先崎学さん(50)。2017年に体調に異変を感じ、闘病生活を経て回復までをつづったエッセー「うつ病九段」(文芸春秋)はベストセラーとなった。復帰を果たした今、コロナ禍で苦しむ人たちに伝えたいことは何かを聞いた。【生野由佳/統合デジタル取材センター】

 ――体調にどのような異変を感じましたか。

 ◆誕生日の翌日の6月23日でした。最初は少し頭が重いと感じたのですが、7月に始まる順位戦のプレッシャーかと思っていました。体調は日に日に悪くなりました。

 予兆はありました。そのころ日本将棋連盟は対局中のスマートフォンの不正使用疑惑で大揺れでした。先輩たちが築いてきた将棋界の歴史が危うくなると思い、その対応に躍起になっていました。一方で、将棋を題材とした映画「3月のライオン」が封切りになりました。その原作の漫画の監修をしていたので、将棋界のマイナスイメージを払拭(ふっしょく)しようと、イベントや取材、原稿執筆などをほとんど引き受けました。いわば「陰」と「陽」のそれぞれの仕事に大好きな酒を飲むのも忘れるほど、多忙を極めていました。体調に異変を感じたのはちょうど一息ついたころでした。…

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2787文字)

生野由佳

兵庫県出身。2003年入社。福島支局、阪神支局、大阪社会部、2度目の阪神支局を経て2020年4月より統合デジタル取材センター。JR福知山線脱線事故や阪神大震災を中心に取材してきました。被害者支援や障害福祉分野に関心があります。趣味は銭湯巡り。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです