豊島竜王が羽生九段に勝ち3勝1敗 初防衛へあと1勝 竜王戦第4局

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
豊島将之竜王=東京都新宿区で2020年8月6日、佐々木順一撮影
豊島将之竜王=東京都新宿区で2020年8月6日、佐々木順一撮影

 26、27日に鹿児島県指宿市で行われた将棋の第33期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第4局は、豊島将之竜王(30)が挑戦者の羽生善治九段(50)に113手で勝ち、対戦成績を3勝1敗として初防衛にあと1勝と迫った。タイトル通算100期と3期ぶり8期目の竜王獲得がかかる羽生はカド番に追い込まれた。

 12、13日に福島市で予定されていた第4局は羽生の発熱、入院によって延期され、本来は第5…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集