辺野古移設、国交相裁決の適法性判断せず、沖縄県の請求却下 那覇地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
那覇地裁
那覇地裁

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡り、国土交通相が沖縄県の埋め立て承認撤回処分を取り消した裁決は違法だとして、県が国に裁決の取り消しを求めた訴訟の判決が27日、那覇地裁であった。山口和宏裁判長は県の請求を却下した。県は控訴する方針。

 辺野古移設を巡っては、国と県の法廷闘争に発展しているが、県の敗訴が続いている。

 山口裁判長は過去の最高裁判例から「県の訴えは県の権利や利益の救済を求めるものではなく、裁判の対象にならない」とした。県による埋め立て承認撤回の正当性や、国交相による裁決の適法性については判断を示さなかった。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文631文字)

あわせて読みたい

ニュース特集