メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

2021年に開場90周年を迎える嘉穂劇場=福岡県飯塚市で2020年11月27日午後2時39分、荒木俊雄撮影

 国登録有形文化財の嘉穂劇場(福岡県飯塚市)を運営する認定NPO法人・嘉穂劇場(伊藤英昭理事長)が経営難を理由に30日の理事会で解散を議決する方針を固めた。新型コロナウイルスの影響で公演キャンセルなどが相次ぎ、売り上げが落ち込んでいた。関係者によると法人と市が劇場存続へ向け協議しており、片峯誠市長は「貴重な文化遺産で何としても残したい」としている。

 法人によると今年2月以降、コロナの影響で公演や劇場見学の中止が続き、4月以降の売り上げは前年同期比で約8割減。9月の台風10号などで施設の傷みも増し、修復や空調機器の整備が難しくなっていた。市と施設譲渡などを協議している伊藤理事長は「(解散議決後も)譲渡先や運営主体が決まるまで解散届は出さない。予約分の公演はやり遂げる」としている。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです