メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年 日大アメフト部

悪質タックルでどん底の日大アメフト部を支えた、ある決断

2018年5月、名城大とのオープン戦でベンチで指示を出す平田航暉さん(左手前)。夏にリーグ戦出場停止が決まり、最後の1年の舞台がなくなった=東京都調布市のアミノバイタルフィールドで(本人提供)

 日本大アメリカンフットボール部は29日、東西大学王座決定戦「毎日甲子園ボウル」出場権を懸けて、桜美林大と対戦する。21度の学生日本一を誇る名門は2018年に「悪質タックル問題」でリーグ戦出場停止になってから、愛称「フェニックス(不死鳥)」のようにひのき舞台に帰ってきた。その陰には最後の1年を棒に振りながら支え続けたOBの平田航暉(こうき)さん(23)の思いがあった。

 18年8月上旬、東京都世田谷区の日大校舎の一室に当時の4年生が集まった。悪質タックル問題を受け、数日前に出場停止と1部下位リーグへの自動降格が決定。活動休止で帰省していた部員も顔をそろえた。重苦しい空気が流れる中、誰からともなく「どうしようか」と声が上がった。少し間が空き、「引退しかないよな」と1人が答えた。当時、練習や事務の運営を仕切る総務だった平田さんは「あまり詳しく覚えていない。その後もしばらくみんな黙って椅子に座っていて、1時間もしないうちに解散になった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1547文字(全文1973文字)

松本晃

毎日新聞東京本社運動部。1981年、神奈川県生まれ。住宅メーカーの営業を経て、2009年入社。宇都宮支局、政治部を経て16年10月から現職。柔道、空手などを担当。文学部心理学科だった大学の卒論は「電車の座席位置と降りる早さの相関関係」。通勤に一時間半の今に生きているような、いないような。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです