連載

小説「恋ふらむ鳥は」

飛鳥時代の歌人・額田王を主人公に、日本の礎が築かれた変革期の時代を描きます。作・澤田瞳子さん、画・村田涼平さん。

連載一覧

小説「恋ふらむ鳥は」

/162 澤田瞳子 画 村田涼平

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 不機嫌に黙り込んだ葛城(かつらぎ)のかたわらでは、一刻ほど前に馬で近江から戻ってきたばかりの鎌足(かまたり)が胡坐(あぐら)をかいている。この半年あまり、数日おきに近江と飛鳥を往復しているせいで、顎(あご)の長い顔が真っ黒に日焼けしていた。

 ともに無言を決め込む葛城と鎌足に、大(おお)海人(あま)が引くに引けぬ様子で目をさまよわせる。その癖、灯影の落ちる床にぐいと足を踏ん張ったまま立ち去らぬ彼に、房の片隅に控えていた額田(ぬかた)はしかたなく、「それは、大海人さまお一人のお考えですか」と声をかけた。

「おお、当然だ。おぬし、何が言いたいのだ」

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1090文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集