メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アホウドリ、実は2種 鳥島と尖閣、大きさ・くちばしに違い

 国の特別天然記念物のアホウドリは従来1種類だけだと考えられてきたが、実は2種類あることが分かったと北海道大や山階鳥類研究所(千葉県)のチームが発表した。主に伊豆諸島・鳥島と沖縄県・尖閣諸島で生息しているが、体の大きさやくちばしの特徴に違いがあり、それぞれ別種と判断した。絶滅の恐れがある鳥で、同じ種に見えたが実際は違ったという例は世界で初めて。

 アホウドリは翼を広げると2メートルを超える大型の海鳥。これまでの研究で鳥島生まれと尖閣諸島生まれの遺伝子型は異なると確認され、巣立ちの時期も違うとみられるため、別種の可能性があると指摘されていた。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです