メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川開書道展、日院書道会展 仙台で始まる /山形

阿部海鶴氏らの作品を鑑賞する来場者たち=仙台市青葉区のせんだいメディアテークで2020年11月27日、升谷志摩撮影

 全国の小中高校生から公募した「第68回川開書道展」と、日院書道会員らの作品を展示した「第56回日院書道会展」(日院書道会主催、六友書道会協力)が27日、仙台市青葉区春日町のせんだいメディアテーク5階で始まった。川開書道展は30日まで。日院書道会展は12月1日まで。

 川開書道展の今年のテーマは「世界の川と海産物」。「さんま」「ほや」「穴子」など小学生が伸び伸びと書いた作品のほか、中学生の「片口鰯(かたくちいわし)」、高校生の「鱈場蟹(たらばがに)」といった作品もあった。全国の計149団体から応募のあった3242…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです