メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしの世界

ピアノ調律師 ヤマハミュージックリテイリング 山田定立さん(39)集中力と体力、感性も必要

調律をする山田さん(山田定立さん)=大阪市西区で、三角真理撮影

 <学ぶ・育つ・挑む>

 グランドピアノのフタ、板……。一つ一つを静かにはずす。ヤマハミュージックリテイリングの1級ピアノ調律技能士、山田定立(さだはる)さん(39)の表情が引き締まってきた。鍵盤をポーンと鳴らしては、右手のハンマーにクッと力が入る。調律が始まった。

 大学4年の時、就職先まで決まっていたのに、単位を落として大学を卒業できなかった。ショックだったが、立ち止まって「本当にしたいことは何か」を考えた。

 10歳からピアノを習っていて、師事してきた先生に「音楽関係の仕事はないでしょうか」と相談すると、「ピアノの調律師がある」という言葉が返ってきた。「すごく興味がわきました」

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです